お役立ち情報

ミラブルプラスの口コミを真似て、比較してみました、ミラブルとR〇F〇

皆さんこんにちは!
テレビやCMでお馴染みのミラブルプラス、サイエンス社正規販売店小倉サンダイン(株)公式サイト、ファインバブル伝道師の小倉です。

最近、シャワーのCMで、マイクロバブル、ファインバブルというワードが飛び交うようになりました。オシャレなCMや、アヒルがでてくるものなど、いろいろありますが、
〇〇バブルと聞いただけで、違いを体感したいがために、シャワーヘッドを何本も買ってしまう羽目になりました。
折角買ったので、其々メーカ記載の内容に、個人の感想をプラスして、比較してみたいと思います。ファインバブル伝道師としては、やはり、ウルトラファインバブルが発生しているミスト性能を中心に、M(ミラブルプラス ハローキティバージョン) VS R〇F〇を書いてみます。

ミラブルハローキティバージョン

UFBの発生量(どちらもミスト時)
M: 最低でも3000万個/cc (計測FBIA指定試験ラボ)最大は1億とも2億とも聞いています。
R: 最大6800万個/cc (計測 第三者機関)

ミラブルは頬にミストを浴びた時、毛穴の中で、泡がはじける感じ、刺激はあるが、優しく包み込まれるミストに対して、Rのミストは、肌で泡を跳ね返してしまう感じ。
ミストの水流を鏡に当てて、水滴を見ると、Mの細かさが断然優れているのが分かります。
個人的な感覚で言うと、レベルの高さはMが、10 に対してRは7ぐらいかな…。

吐出の種類
M: ミストとストレート 無段階で水流を選べる。 ミスト吐出穴は16個。
R:: ミスト・ジェット・ストレート・パワーストレートの4段階。 ミスト吐出穴は6個。
ミラブルのストレートは、勢いがあり、ヘッドスパとして使用しています。
Rのパワーストレートは、小さいレインシャワーのようです。手に持って浴びるシャワーとしては
あまりメリットを感じません。

節水効果
M: ミスト時60%減 ストレート25%減  (通常のシャワー使用料を6000L/月として)
R: ミストのみで67%とあるが、分母がわかりません。従来比?シャワー工業会10L設定?

肌水分量、温浴効果は其々、メーカの記載はありますが、被験者、実験方法がちがうため、比較はできません。また、実際、浴びていても、どちらがどう違うのか、正直わかりません。

使いやすさ
Mは167gに対して、Rは250g、重量も大きさもかなり違い、女性が手に持って洗顔するのにはミラブルの方が使い勝手が良いです。

FBIA
そして、何よりも、専門的な!見地からの大きな違いは、FBIA認証制度のマークです。
一見、同じように見えるマークですが、ミラブルが取得しているのは、FBIA製品サービス性能認証制度 (1B)これは品質管理から発生性能まで、規格に基づき審査された上で、全製品が認証される、FBIA認証の中で一番取得ハードルが高いマークです。
Rが取得しているのは製造管理が適合基準に合致し、製品効果などに根拠が示された製品として、登録し、マークを付与されることが許されるというレベルのマークです。
ちょっと、難しくなりましたよね~
分かりやすい例で言うと、1Bを食品に付けられるトクホ(特定保健用食品)とすれば登録マークは機能性表示食品の入り口のようなものだそうです。
ご興味のある方は、トクホと機能性表示の違いを調べてみてくださいね。

最後はマニアックなブログになってしまいましたが、結果として、
ファインバブルの力を駆使した「美顔器のようなシャワーヘッド」としてはMの勝ち、といったところでしょうか。デザイン性や、値段は、ファインバブル伝道師としては比較対象項目でありませんので、あしからず。

因みに、コピー品かと思われるほどミラブルによく似た中国製シャワーヘッドも買って試してみましたが、ミストレベルはミラブルの足元にも及ばない代物でした。

ミラブルプラス
ミラブルプラス

 

中国製シャワーヘッド
中国製シャワーヘッド

 

ミラブル正規代理店として、ミラブルをお勧めするのは、当たり前のことですが、「どのシャワーヘッドにしようかな~?」と考えていらっしゃる方、くれぐれも、ネットで、まがい物だけは、購入しないよう、お気を付けください。

超微細なウルトラファインバブルでお肌の老廃物を取り除き美肌にしてくれるサイエンス社のミラブルプラスは【こちら】からお買い求め下さい。

我々小倉サンダイン(株)は長年(株)サイエンス社とパートナーシップを結び、歩んできたメーカー直営正規販売店です。

また、お湯につかるだけで汚れのとれるミラバス、家中の水から塩素除去し浄活水化するサイエンスウォーターに関しましても、お問い合わせフォーム、もしくは 06-6584-4771 (代表) までお気軽にお問い合わせください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

お役立ち情報 カテゴリー