お役立ち情報

ミラブルのアトピー性皮膚炎に関する臨床研究(観察研究)結果

皆さんこんにちは!
テレビやCMでお馴染みのミラブルプラス、サイエンス社正規販売店小倉サンダイン(株)公式サイト、ファインバブル伝道師の小倉です。

ミラブルプラスをお使いになった方からの感想の中で、多いものの一つに、アトピー性皮膚炎が改善したという声があります。

今日は、(株)サイエンスの顧問でもある高島クリニック院長 高島正弘様の観察研究結果について触れてみたいと思います。
治療医療機関は、高島クリニック、臨床検査測定機関は(株)ビー・エム・エルです。

成人性アトピー性皮膚炎の患者さん15名(年齢は40代、女性10名 男性5名)に3ヶ月間ミラブルを原則1回/日以上使っていただき、体内外に与える影響を評価するという内容の実験で、2020年3月26日に結果発表がプレリリースされました。

通常、アトピー性皮膚炎に関しては、見た目がどう変化したかを評価するだけですが、今回は、使用前後に血液検査を行っていらっしゃいます。
血液検査で、なにを測定するのかというと、免疫学上の高感度インターロイキン6(IL-6)、好酸球、TARCなどの数値だそうです。

結果として、まず、肌の改善度は、肌の状態が悪くなった人は0人劇的に改善した人が40%
改善が46.7%やや改善が13.3%だそうです。
アンケートの項目で、多かった項目は、「乾燥がなくなった。」「ステロイド剤などの薬が減った。」などだそうです。

また、血液検査の結果は、細菌感染症などの急性炎症を示す値である、高感度インターロイキン6の数値が1.823→0.813のように55%減少した。つまり体内の炎症症状が消失している。
好酸球の高値はアレルギー反応による炎症症状であるが、15名中14名の数値が減少した。
TARCはアトピー重症度を判定する値であり、平均450以下であるが、患者は1793.8→1243.67というふうに、劇的に下がった。との結果がでています。

高島院長の言葉を借りますと、次の通りです。
「アトピー性皮膚炎は未だ解明されていないことが多く、治療もステロイド剤などの対処療法で対応している。ただ、これらの薬は副作用、リバウドがあり、リスクが少ない代替医療として、ミラブルを利用できる可能性は十分にある。
これほどまで、アトピー性皮膚炎の患者に改善結果がでた理由は、皮膚にバリアがない(または弱い)患者の肌にミラブルミストをあてることにより、UFB(ウルトラファインバブル)が毛穴の中ではじけた際に、バクテリアも死滅させるためであると思われる。」

今回は被験者が15人と、少ない人数ですが、この結果を踏まえて、臨床介入試験に進めていきたいとおっしゃっていました。

水と空気だけで洗浄できるミラブルプラス!
アトピー性皮膚炎に悩まされている方はもとより、ナチュラルビューティを目指す人の力強い味方です!

STORES購入ページへのリンク

超微細なウルトラファインバブルでお肌の老廃物を取り除き美肌にしてくれるサイエンス社のミラブルプラスは【こちら】からお買い求め下さい。

また、マイクロバブルトルネードに洗浄機能がついたミラバス、家中の水から塩素除去するサイエンスウォーターに関しましても、お問い合わせフォーム、もしくは 06-6584-4771 (代表) までお気軽にお問い合わせください。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

お役立ち情報 カテゴリー