お役立ち情報

へんな名前の付け方

皆さんこんにちは!

テレビやCMで話題のサイエンス社ミラブル正規販売店公式サイト
「伝道師ブログ」ファインバブル伝道師、小倉です!

「マイクロバブルトルネード」 日本語に直すと、「超微細泡たつ巻」(笑)

最初にこの名前を聞いた時、
「なんなの? そのベタな名前…、トルネードってたつ巻じゃん」と、私の頭の中には、
牛や車が、たつ巻によって巻き上げられていく「ツイスター」という映画のシーンがよぎりました。

超微細な泡の正式名称であるファインバブルや、マイクロバブルも、まだ知らなかったので、
マイクロバブルという言葉自体も、なんだか怪しげな気がしました。

その上、1970年大阪万博で展示された「夢の商品」の中で唯一実現していない製品である三洋電機の「人間洗濯機」みたいなものです。との説明。

1970年の万博、人間洗濯機 しおり
1970年の万博、人間洗濯機 しおり

 

はい、人間洗濯機って、わかる人、何人いるでしょうか?…歳が、ばれるでしょう〜。
と、いろいろツッコミたくなりますが、一度聞いたら、忘れない名前ではあります。

そして、今回の新製品、シャワーヘッド美顔器ウルトラファインミスト「ミラブル」
「ミラブル」は、何から名前をつけたのでしょうか?

ミライ(未来)のバブル(bubble) ミラブル?
美裸、バブル?
Miracle(奇跡)をAble(可能にする) ミラブル?

Mirableで調べてみると、ラテン語のMirabilisから、
Wonderful 、marvelous、extraordinary、astonishing等の意味もあるようです。

どなたが命名されたのかも、経緯も存じませんが、こちらも、一度聞いたら、忘れない名前ではあります。

実際に毎日、使ってみて、私の中では、
美肌、ツルツル玉子肌になるミラクルを可能にする「ミラブル」ということにしました。

テレビ番組などの影響もあり爆発的なヒットとなったサイエンス社ウルトラファインミスト・ミラブル。
ミラブルは超微細なウルトラファインバブルでお肌の老廃物を取り除き美肌にしてくれるマイクロバブルトルネードのシャワーヘッドです。

我々小倉サインダイン株式会社は長年株式会社サイエンス社とパートナーシップを結び歩んできたメーカー直営正規販売店です。
安心してお買い求め下さい。
【お買い求めはこちら】

また、入浴装置“マイクロバブルトルネード”(税別¥280,000円)に関しましては設置お見積りをせて頂いております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

前の記事 一覧へ戻る 次の記事

お役立ち情報 カテゴリー